インクジェットプリンターのメリットはこんなところ

インクジェットプリンターは家庭用のプリンターとして多く普及しています。プリンター自体の単価も安く、1万円前後で買うことができるので、年賀状や家庭での写真プリントなど、印刷しやすい環境を整えることができました。メリットはなんといっても、一般の家電量販店で買うことができる点です。インクなどの消耗品も扱っているので、お手入れがしやすいです。普通紙の他に写真用の紙まで幅広く、サイズも豊富に用意されています。パソコンなどにつないで簡単に印刷でき、コピーやファックス、スキャンといった機能を持っているものも多くあります。年賀状だけでなく、気になったレシピの印刷などを手軽に行うことができるメリットがあり、毎日の生活になくてはならないものになっています。

インクジェットプリンターの特徴

インクジェットプリンターは、用紙に直接インクを吹き付けることで印刷しています。そのため、色の再現性が高く、写真や精密なデザインの印刷に向いています。しかし、普通紙に印刷をするとインクがにじんでしまいます。きれいに印刷したい場合は、専用の用紙を使うといいでしょう。また、プリンターのサイズがコンパクトですが、インクのカートリッジのサイズも小さくなってしまうので、印刷をしていると、こまめにカートリッジを交換しなければいけません。使用しない期間が長くなると、インクの詰まりが起こりやすいというデメリットもあります。コンスタントに印刷するようであれば問題ありませんが、年賀状だけ使うという場合には注意しましょう。たまに印刷してみると、インクの様子が分かります。

プリンターのメリットとデメリット

インクジェットプリンターは、小型で価格も安く、扱いやすいプリンターです。しかし、インクのカートリッジは決して安い値段ではなく、たくさんの枚数を印刷するようになると、1枚あたりの単価が高くなってしまう傾向があります。予備のインクや、普通紙に写真用の紙など、揃えておくと金額も増えていってしまいます。インクの交換は簡単に行えるようになっていますが、頻繁に替えていると手間がかかってしまうでしょう。デジカメやスマートフォンの普及により、写真を手軽に撮るようになりました。印刷して手元においておきたいと考える人も少なくないでしょう。インクがきれいに印刷できるというメリットがありますが、撮影したものをどんどん印刷していると、すぐにインクはなくなってしまい補充が必要になります。