まずはインクジェットプリンターとはどんな印刷機かを解説します

家庭用のプリンターは、ほとんどがインクジェットプリンターだと考えて構いません。家電量販店でよく販売されているのもこのタイプです。1万円前後と言う手頃な価格で買うことができ、パソコンとつないで印刷するなど、家庭でのプリントを身近なものにしました。インクを直接用紙に吹き付けるという印刷方法で、細部まで色の再現をすることができます。普通紙に印刷してしまうと、インクがにじんでしまいますが、光沢紙などに印刷すればきれいに発色し、写真やデザインの印刷に向いています。光沢紙はスーパーなどでも販売され、手に入れやすいです。日本には、もうひとつレーザープリンターという種類がありますが、こちらは機械そのものが高価で、たくさん印刷するビジネス用とされています。

印刷する上での特徴と使用のメリット

インクジェットプリンターは、デジカメやスマートフォンで撮影した写真をすぐにプリントすることができます。インクの交換はカートリッジで行われ、使い終わったら交換することで再度使用できるようになります。サイズはコンパクトで、自宅においてもそれほど目立つことはありません。インクを吹き付けるという工程があるので、印刷のスピードはそれほど速くはありませんが、きれいな画質でプリントできるメリットがあります。印刷したばかりのものを触ってしまうと、インクが乾いていないので、衣服についてしまうことがあるので注意しましょう。年に1度、年賀状の時だけに使うようですと、インクが詰まってしまうことがあります。たまに印刷をして、インクの状態を確認すると長持ちすることができます。

インクジェットプリンターのデメリット

インクジェットプリンターは、単価も安く家庭での印刷を手頃なものにしました。しかし、コンパクトなために、インクカートリッジが小型化し、たくさん印刷をするとすぐにインクがなくなってしまいます。カートリッジはこまめに変える必要がありますが、それほど安価ではありません。そのため、印刷1枚あたりの単価は高くなってしまいます。たくさんの枚数を印刷するのには向かない印刷機だということが分かります。ビジネス用では、レーザープリンターの方が普及していることからも、そのことが分かります。家庭で、写真や作成した文書の印刷をするのには適していますが、会社で多くの枚数を印刷するのにはレーザープリンターの方がいいということです。レーザープリンターは高価格ですが、1枚当たりの印刷費は安くなります。

サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 垂れ幕屋外使用の場合のUV印刷や生地表面コート済み加工のご対応もございますのでHPをご確認ください。効率第一の自社一貫制作なので、お急ぎの場合も短納期が可能です。 丈夫なダブルステッチ裁縫やすっきりまとまる三ツ巻裁縫など裁縫加工は様々です。 お支払いの際の振込手数料等はいずれも無料となっております。 インクジェットをお手頃価格でお届けします